<COMICART CG illust 2.0更新情報>


◆ ver2.24 (04/07/12)◆
(最終リリース)

2.22から新たに追加された機能及び修正&変更点

新機能

・P-Active XP-PEN tablet に対応しました。(要最新ドライバ)
・WACOM 以外のタブレットを使用していて線がカクカクして滑らかな線が描けない場合、2.24 を一度以上起動終了したあとに、レジストリHKEY_CURRENT_USER\Software\portalgraphics\openCanvas2\config\ で tabletType=1 にすると、うまく動くようになるかもしれません。
(注 WACOMタブレットではこの設定(tabletType=1)にはしないで下さい)

<2.22まで>
*マウスの中ボタンに次の機能の中から一つを割り当てることが出来るよう になりました。(環境設定で選択できます) 表示位置の移動・表示の回転・ペン半径の変更 レイヤの移動・グラデーション 矩形塗りつぶし・自由形状塗りつぶし・自動範囲塗りつぶし 矩形選択範囲・自由形状選択範囲・自動選択範囲 ・キーボードショートカットに "Shift+X" 「前景色と背景色を入れ替える」 が追加されました。 ・グラデーションツールに、+Ctrl による水平・垂直方向限定機能が。追加さ れました 。
* 編集メニューに 「用紙DPIの変更」 が追加されました。
* 「水彩」「ぼかし」「消しゴム」で、「筆圧サイズ」と 「ペンサイズ開始%」に対応しました。 これらペンの以前の「保存設定値」は自動的に更新されるはずですが、 もし以前と同じ設定にならないときには、次のように設定して下さい。

ペン
筆圧サイズ
ペンサイズ開始%
水彩
ON
33.3%
ぼかし
OFF
100%
消しゴム
OFF
100%


* ファイルのロード・セーブのとき、画像のプレビュー が表示されるようになりました。 プレビューに対応しているフォーマットは BMP/JPG/OCI/OES です。 WPB/WPE のプレビュー表示には対応していません。

変更点

・イベント再生中に、クリップボードへの画像の「全体をコピー」が実行できるようになりました。
・「保護されたイベント」では、レイヤのコピー・切り取りが禁止されました。
・端ちょうどまで選択範囲があっても選択範囲が拡張されるようになりました。

<2.22まで>
*レイヤの "追加" / "削除" / "順序変更" / "下のレイヤと結合" をアン ドゥ・リドゥしたとき、アクティブレイヤが適切なレイヤに戻るようになり ました。 ・自動選択範囲や塗りつぶしツールで選択対象が「表示画像」で、いずれか のレイヤがサイズ拡張しているとき、適応される範囲が表示画像外まで拡張 されるようになりました。

*今回の修正に伴い、「イベントファイルの保存」を実行すると、リドゥは クリアされるようになりました。ただし、アンドゥは実行可能なままです。

*選択範囲同士を加算するとき、自動的に無駄な表示外領域を削除するよう にしました。
*キーボードショートカットに "F5" での「表示拡大」、"F6" での「表示 縮小」が追加されました。 ・「名前を付けて保存」のキーボードショートカットが "Ctrl+Shift+S" と して追加されました。 ・既に選択範囲があるとき、選択範囲の追加モード(+Shift)や削除モード (+Ctrl)にしてシングルクリックしても、選択範囲が解除されないようにし ました。 ・カラーウインドウの「前景色・背景色」の角の余白をクリックすると、前 景色と背景色が入れ替わるようにしました。

* 選択範囲の拡大と縮小をやや高速化しました。(2〜3倍程度) * ファイルのプレビュー表示のとき、プレビューの On/Off が選択できるようになりました。
* BMP で保存するとき、BMP画像に「用紙DPI」が保存されるようになりました。
* 「新規作成」「画像解像度の変更」での最小値を 8 に変更しました。

注意点
・2.23以上で保存したイベントファイルを再生するためには、2.23 以上のバー ジョンが必要になります。

バグ修正
・画像の表示位置がウインドウの左端・上端に重なっているとき、拡大縮小すると表示位置がどちらかに寄ってしまうことがあったのを修正しました。
・グリッド表示しているとき OCI で保存すると、グリッドが2重に描画されてしまうのを修正しました。
・NT系 でファイルダイアログのプレビューをオフに出来なかったのを修正しました。
・ファイルダイアログで小さい画像を選択したとき、プレビューに画像が表示されなかったのを修正しました。
・XP で フォントダイアログを表示しているとき、タスクバーの IME をクリックすると全ウインドウが背後に回ってしまう問題を修正しました。
・フォント描画イベントの再生に失敗することがあった問題を修正しました。
・"画像からの選択範囲作成" などを実行したとき、まれに内部メモリを破壊することがあったのを修正しました。
・"レイヤのコピー" "切り取り" で、拡張したレイヤがあると、レイヤ範囲を超えてクリップボードに画像を置いてしまっていたのを修正しました。
・スキャナで例外が発生する場合がある問題に対して若干の修正を行いました。
・すべてのレイヤが非表示のとき、レイヤウインドウ[編集]メニューを開くと範囲例外が発生していたのを修正しました。

・レイヤが拡張しているとき、水彩筆で色を参照する位置がずれていたのを修正しました。
・カラーウインドウで HSV表示のとき、スポイトで取った色が正常に HSVカラーバーに反映されていなかったのを修正しました。
・選択範囲の平行移動で x 方向の移動量が 0 のとき、正常に移動が行われていなかったのを修正しました。
・選択範囲設定オプションで選択範囲を表示範囲外に移動すると、表示が更新されていなかったのを修正しました。
・表示原点が移動している選択範囲を oci から読み込むとき、選択範囲の表示位置が読み込まれていなかったのを修正しました。
・選択範囲メニューの「選択範囲を有効にする」「選択範囲を表示する」が、アンドゥ操作には対応しているにもかかわらず、イベント記録されていなかったのを修正しました。(イベントやアンドゥに対して致命的な影響があった)
・用紙サイズが非常に小さいとき、プレビュー作成に異常に時間がかかってしまいハングしているように見える問題を修正しました。
・トリミングツールで、レイヤサイズが拡張されていると、トリミング位置がずれてしまう問題を修正しました。
・アンドゥデータが、特定操作の組み合わせにより破損することがあったのを修正しました。(レイヤの数が変わる操作では、イベントに対しても致命的な影響があった)
・図形描画モードの多角形ツールで、図形を描いているときクリックして移動せずに ESC を押すと、表示がそのまま残ってしまうのを修正しました。
・レイヤの「モード変更」「濃度変更」「名前変更」「表示非表示変更」でアンドゥ・リドゥしたときレイヤウインドウの表示が更新されていなかったのを修正しました。
・「レイヤ設定オプション」で OK を押すと、多くの場合不透明度が -1 されてしまうのを修正しました。
・「レイヤ設定オプション」で不透明度を変更したとき、多くの場合で変更後の % が 1 ずれてしまっていたのを修正しました。
・タブレットでツールウインドウを移動したときに、線が描かれてしまうことがあった問題を修正しました。
・「レベル補正」で、画像が80pixelくらいしかないとヒストグラムが描画されなかったのを修正しました。
・用紙サイズより大きいレイヤのプレビュー作成に問題があったのを修正しました。
・ 拡張しているレイヤを複製したとき、プレビューが正しく作成されていなかったのを修正しました。
・「用紙サイズ変更」をしたとき、選択範囲のプレビューが更新されていなかったのを修正しました。
・イベント再生時に「画像解像度の変更」を行ったとき、選択範囲のプレビューが再作成されていなかったのを修正しました。
・破損した wpe を読み込んだとき、正常にエラー処理が出来ていなかったのを修正しました。
・レイヤサイズが拡張しているとき「レイヤマスクから選択範囲作成」「レイヤ明度から選択範囲作成」すると、プレビューが正常に作成されていなかったのを修正しました。
・レイヤや選択範囲に非常に長い名前を入力したときに発生していた問題を修正しました。
・フィルタ「回転」に角度として非常に大きな値を入力すると、正常に回転できなかったのを修正しました。
・Windows 標準機能の「次のウインドウ」「前のウインドウ」のショートカット ctrl+F6, ctrl+shihft+F6 が効いていなかったのを修正しました。
・そのほか、内部的ないくつかのバグが修正されました。

<2.22まで>
*WindowsNT/2000/XP で、クリップボードへの「コピー」や「切り取り」が 正常に動作しないことがあった問題を修正しました。 ・「選択範囲があるときの画像コピー」や「選択範囲を別 レイヤに分離」で、 選択範囲が平行移動されていたりすると、選択範囲外の画像がそのまま残っ てしまっていたのを修正しました。 ・編集の「新規画像として貼り付け」を行ったとき、レイヤプレビューのサ イズが間違っていたのを修正しました。
*タブレットでツールウインドウを移動したとき、線が描画されてしまうこ とがあった問題を修正しました。 ・自動選択範囲や塗りつぶしツールで選択対象が「表示画像」で、レイヤが マイナス方向に移動していると、作成範囲がずれてしまっていたのを修正し ました。 ・トリミングツールを使ってトリミングしたとき、タイトルに表示されてい る画像サイズが変更されていなかったのを修正しました。 ・レイヤウインドウや選択範囲ウインドウで、スクロールバーが無効なとき にスクロールバー上でダブルクリックすると、情報ウインドウが開いてしま っていたのを修正しました。 ・イベント記録を一部修正しました。
*リドゥ可能なときに「イベントファイルの保存」を行い、リドゥを実行す ると、イベントファイルが壊れることがある問題を修正しました。
*「自動塗りつぶし」や「自動選択範囲」を実行したとき、まれに例外が発 生することがある問題に対処しました。 ・oC2 イベントを再生するとき、「用紙サイズ変更」や「画像解像度変更」 を行うと、ある条件で画像が正常に再生されないことがあったのを修正しま した。 ・oC2 イベント再生中に、「用紙サイズ変更」や「画像解像度変更」をした とき、レイヤプレビューが正常に更新されていなかったのを修正しました。 ・スキャナ(TWAIN)を開いているとき例外が発生したら、そのアドレスを表 示するようにしました。
*HSVカラーウインドウで数値入力すると、設定値がずれてしまっていたの を修正しました。 ・選択範囲ウインドウで、「画像の解像度変更」をした後にアンドゥすると、 表示が乱れるのを修正しました。 ・ツールバーの「塗りつぶし」ツールで、ショートカット "P" を何回押し ても、「自由形状塗りつぶし」にならなかったのを修正しました。 ・ツールバーの「塗りつぶし」ツールで「自由形状塗りつぶし」が選択され ているときに、ショートカット "P" を押しても塗りつぶしツールを順番に 入れ替えできなかったのを修正しました。
* グリッドを表示しているとき JPEG/BMP で保存すると、 画像がグリッドごと保存されてしまっていたのを修正しました。
* タスクバーに表示されているアプリケーションバージョンが更新されていなかったのを修正しました。
* 環境設定を開いたときの「JPEGの保存品質」の表示が、 いつも 100% になっていたのを修正しました。(スライダーの位 置が本当の設定値です)
* Windows 95/98/Me を使用していて、 大きい画像をクリップボードに置こうとしたとき、ハングする問題に対処しました。 (Windows NT/2000/XP ではこの問題は発生しません) このような場合、クリップボードに置いた画像は、 ほかのソフトから参照することが出来なくなります。
* クリップボードにコピーしたレイヤから、新規画像に貼り付けたとき、 右下にはみ出ていた領域が無視されていたのを修正しました。
* 2.13 で試用期限が切れていなくても、「試用期限切れ」の注意が表示されてしまっていたのを修正しました。